FC2ブログ

スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

わんねーうんじゅがいっぺーしちゃいびーん

2009⁄05⁄23(土) 01:17
という言葉があります。この言葉の意味は「私はあなたを愛しているよ」です。

沖縄県は昔琉球と言う独立国家でしたが、日本の政策により沖縄県となりました。上の言葉は、うちなーぐちと呼ばれている琉球の方言です。

昔はうちなーぐちはさかんに島の人々によって使われていたようですが、ここ最近県民の間でも方言を使うのがほとんどなくなってしまったそうです。理由は、明治から昭和時代の初期にわたり、「新生活運動」という名目で、うちなーぐちを棄てる運動があった、第二次大戦中、うちなーぐちを使うとスパイとみなされた。日本で一般的に使われている日本語を使う県民が増えてきたなどが挙げられます。

文化を残すことは当時の思い出を残すことと同じことだと思います。その思い出を子孫が継承して、守っていく。それが大切なことだと思います。




今日は群馬の方言でしめたいと思います。漢字も使うと分かりやすいかもですね。
場面は夕食を作ろうとしていて、献立の内容を話し合っているところです。
下の文が日本語訳です(群馬の方言も地方によって若干違いがあります)。

「今日は天ぷら作るんベーと思ってんだけどさー、具は何にするかね?」
「今日は天ぷらを作ろうかと思ってるんだけど、具は何がいいかな?」

「そうだいねぇ。おれはとうぎみが好きだからさー、それだきゃぁ絶対に入れてくんねぇと怒るど?」
「そうだね。僕はとうもろこしが好きだから、それだけは絶対に入れてね。」

「とうぎみ?普通天ぷらん中にとうぎみは入れねぇだんべ?」
「とうもろこし?普通天ぷらの中にとうもろこしは入れないでしょ?」

「ほいじゃぁもろっこいれてくれる?」
「ならモロッコ豆をいれてくれるかな?」

「ほいじゃぁかき揚げでも揚げてみるかねぇ」
「それじゃ、かき揚げでも揚げてみるか。」

「そいつぁーいいかんげぇだ。うめぇの作ってな。」
「それはいい考えだね。おいしいのを作ってね。」

「はいよー。ほいじゃぁほかにも揚げてぇもんがあるからさー、買いもんえせえってくるかね。」
「わかった。それじゃほかにも揚げたい物があるから、買い物にいってくるかな。」

「はいよー。ほいじゃぁきょづけてえってばっしーよ。」
「わかった。じゃあ気をつけていってきてね。」


僕は群馬大好きです。本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

TOP

Comment

それが、しまんちゅぬーた~から~。イーヤーサーサー!
奈良には大和弁という方言がありますが
とても汚いそうで、あまり使っている人はいないと思います。
まぁ関西圏は関西弁で一括りと考えていいと思います(=゚ω゚)ノ
2009⁄05⁄25(月) 13:22 |

>ハナハナさん
関西弁はとても愛嬌があるというか、聞いていて癒されますね。地方独特の言葉って大好きです!
2009⁄05⁄25(月) 21:41 |

Trackback

http://ryotonkatsu.blog66.fc2.com/tb.php/14-2e79c034

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。